2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03

JA10 カブ専用 センターバック K10-KZV

JA10カブ専用のセンターバックが来たので
早速取付て 取り急ぎレビューしたいと思う。
続きを読む ↓
20150819-00.jpg

20150819-01.jpg
必要な工具はプラスドライバー +2、10mmスパナ2本、5mmのL型六角レンチ、
取説等は入っていないが5分くらいでポン付けおk

意外と..(失礼ながら)作りの品質は良い。



20150819-02.jpg
ハンドルを手一杯切ってみて干渉なし。




20150819-03.jpg
蓋はハンドルが真ん中の位置でパックリオープン。
どちらかにハンドルを切っていると半分も開かない。
専用の鍵は赤くて大き目、グローブをしたままでも開閉可能である。

メインキーを刺したままセンターバックを開けることもあるので
センターバックの鍵はビヨーーンと伸びるアレを付けた方がいいかもしれん。



20150819-04.jpg
給油口の確認ですが、
手で支えていないとシートが倒れてきますな...




20150819-05.jpg
横から見た画像、
給油は普通にできるので とりあえずこのまま様子見。




20150819-06.jpg
いちおう錆び止めにWD-40をスプラッシュした、
キー穴から雨水等が侵入しても外へ逃げるようになっている、
土砂降りが多いベトナムの発想か?



20150819-07.jpg
前から見た画像
レッグガードの幅以内なので出っ張りがなく空気抵抗値もいいかも。




20150819-088.jpg
ローアンで観た画像
スッキリとした洗練されたフォルム...

あまりゴチャゴチャ、チャラチャラ装飾したり取り付けたりするのは嫌いなので
シンプルにプラ箱を付けたのみ。



20150819-09.jpg
取付後は手で揺すってもガッチリとした感じがある。
前側のステーは予めセンターボックスに取付してからの方がやりやすい。
下の方はまだ空間があるのでアイデア次第ではいろいろできそうですな。



20150819-10.jpg
アノ ボテッとしたセンターバックよりはシンプルで見た目も宜しいと思いまふ..



20150819-11.jpg
ニーグリップ できます、
ハードに攻めるなら補強した方がいいかもしれん..



20150819-12.jpg
さて、肝心の 収納力はというと...

適当にMSR燃料ボトル、328ml と 591ml で 合計 919ml 
燃費重視で走行すれば55kmは走れるべ。

それと、ナルゲンの広口ボトル 約1リットル
これらを無造作に放り込み 蓋が閉まり 鍵もかかった。



20150819-13.jpg
こちらも 燃料ボトル 2本 合計919ml と
チタン製サーモス山専ボトル 480ml で余裕のよっちゃん




20150819-14.jpg
こちらは 燃料ボトル 2本 合計919ml と
モンベルのレインウエア上下が余裕で挿入することができ、
更に防水デジカメやスマホも入った。

大型バイクに取り付けてあるナビをセンターバックの上に
載せてみたが見にくいので、ナビはハンドルよりも高い位置のほうが良い。

ま、ニーグリップもある程度できて、見た目以上にブツも入り、
シンプルで品質も良く いまんとこブレも気になる振動もない、
工夫次第ではなんでもできそうな箱であった。


以下は筆者が使用しているお薦めのブツです ↓↓




関連記事
.19 2015 Memorandum comment1 trackback(-)

comment

xeon
初めまして。このバッグを検索してまして、こちらに辿り着き
ました。同じカラーの同型カブ乗ってるので、とても参考に
なりました!
カメラ入れてサッと取り出せるバッグを探してましたが
非常に使えそうですね。
予算出来たら付けようと思います。
2015.11.01 13:01

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する