2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

3.11 Man-made disaster

あれから三年..
未来に光り輝こうとしていた多くの子供たちが人災によって亡くなってしまった、
先ずはご冥福を祈りたい.. 黙祷...




筆者が想うに、
自然、或は神や悪魔が人間を殺すために天災を与えるに非(あら)ず、
その被害の多くは人間の日頃の備え、心得、判断、及び人為的な怠慢である、
津波然り、原発然りである、

まるで人間を試すかのような振る舞いは災いでもあり
欲深き人間を目覚めさせる光のようでもある..

この大川小学校の場合、標高の高い裏山がすぐ近くにあるのに
何故そこに避難しなかったというのが争点なんだが、

日教組仕込みの平和ヴォケ教諭が言うには、
足場が悪いとか滑るとか、小学低学年では登れないとか屁理屈だらけで
危機管理のかけらもない、

人命最優先で待ったなし、のんきに小便する暇も靴を履く時間も許されない、
1秒でも早く、低学年から登行を開始せよ、
足元が滑ろうが木が倒れようが泥だらけになろうが怪我をしようが
手と足で登るしかないのである、

小学校5,6年生は身体も大人並で充分に低学年を補助する力もある
大地震発生から避難行動まで40分以上掛かったらしいが、
時間かける暇あったら直ちに行動せよ! とはいえ、もう遅い、
あの世で悔やんでも悔やみきれない、さぞかし無念であろう..

なんの罪もない子供たちが怠慢な小太り教諭の判断で死に追いやられたといっても
過言ではない、文科省は直ちに腐った教諭全員に対し陸上自衛隊での訓練を必須科目とするべきである。

教諭に限らず、自分の命も守れないヴォケ野郎やメス豚が多い、
大災害や有事は人命最優先、常に最悪状況を決定し直ちに行動である、
核ミサイルが飛んできたらどーするのか、
日頃からどういう備えと行動をしなければならんのか、
おまえら、そのたるんだ身体と精神と魂によーく叩き込んでおけ!!







人体実験にされている棄民政策実行中の福島に復興などない、
直ちに政府は福島原発跡地及びその近郊を核廃棄物最終処分場として未来永劫利用すべきである。

関連記事
.11 2014 Civil Defense comment(-) trackback(-)